したいコト せっかく行くのだから、「こういうコトしたいっ。」
   したくないコト 「これだけはしたくないっ。」
   用意するモノ バックパッカーとは言えない位荷物は多い。言葉の問題。心構え。
   先立つモノ 旅する為の知恵。一部「ズル」と言える・・・?いやいや、正統派です。
   大事なヒト 決して安心できる旅では無いので、大切な人達をうまくねじ伏せる。
   最後に・・・ 最終的な結論。もう旅は終わりと感じた時。

 



■ したくないコト ■

◆ドラッグ
嫌い。の一言に尽きる。ハマった奴、捕まったヤツを見てきた。そうでなくとも嫌いである。タバコが嫌いなのと同様だ。
でもマリファナやコカインはちょっとやってみたい・・・・矛盾しているけど。
一応、「やりたい」と言ったことは冗談ということにしておこう。(爆)


◆日本人だらけ
一人で旅していても、日本語だけを使うことは簡単だ。同じような日本人旅行者をつかまえてずっと一緒にいればいい。でもそれでは「したいコト」で書いた事に反してしまう。
私は日本人との出会いも大切にしたいが、地元や外国人旅行者との出会いも大切にしたい。そうなると英語は不可欠だ。

日本人の友人と一緒ではなく一人で旅するのは、この辺も関係している。


◆買い物
「したいコト」にも買い物は含まれる。ここで言う買い物とは、買い物目的にならないこと。ブランド買いに走らないこと。
もちろん、私も日本人女性。ブランドには多少なりとも興味がある。だから免税店やデパートなどで買い物することもある。でも、それが目的なのではなく、あくまでも「ついで」の買い物しかしない。

なんだか矛盾ばかりしている気がするけど・・・(汗)


◆武勇伝を語る
旅先で知り合った人の中で、自分の旅を武勇伝の如く語るヤツがいる。ある程度なら許せるが、聞き手の立場を考えない話方をするヤツだけはどうにかして欲しい。特に、嫌いなドラッグの話をするヤツ。そしてハードな旅をしてきたと自慢するヤツ。

こういう勝手な奴等はどうでもいいが、自分はああはなりたくない。



◆男買い
私は女なのでこういう書き方をしてみたが、いいたいことはお金で人を買いたくない、ということ。自分がこれをすることは一生無いと思うが、日本人男性が女を買っているのはムカツク。タイなどではそういう商売として成り立っている部分があるから、悪いとは言わない。ただ、ムカツク。それだけ。


◆毎日のんびりする
実は、願望でもある。しかし、旅先ではこれが出来ない性分なのかもしれない。
典型的日本人なのかもしれないが、せかせか動いていないと気がすまない。
日本での生活を知っている知人が聞いたら驚くだろう。(笑)
小説を読みながらのんびりしょう、と思って何冊か持っていった事もあるが、そんな時間は無かった。(笑)




| ++ HOME ++ |